真珠の種類

アコヤ真珠
日本近海に生息する「アコヤ貝」から採れる真珠です。日本では和珠と呼ばれ、その微妙な色合いはいつの時代も人々を魅了し続けてきました。淡い干渉色が美しい光沢を引き出します。直径2.5~10㎜位まで幅広い大きさが産出され、10ミリを超える大きさのものは極めて稀で、その希少価値から市場に出ることはほとんど在りません。
白蝶真珠(シロチョウ)
オーストラリア、インドネシア近海で養殖される「白蝶貝」から採れる、主に直径10ミリを超える大粒の真珠です。オーストラリア産は銀白色が多く、インドネシア東南アジアの漁場では、ゴールドリップと呼ばれる、金色の母貝からゴールデンカラーのパールなどが産出されます。形も様々で、変形が美しい形のバロックパールや真珠核の入っていない、けし真珠なども産出されます。
黒蝶真珠(クロチョウ)
タヒチ近海で養殖される「黒蝶貝」から採れる真珠で、渋い輝きを放つシルバー系から黒色まで、さまざまな色があります。特に、光沢が良く、赤黒色の周りにグリーン系の干渉色が出たものはピーコックカラー(クジャクの羽の色)と呼ばれ、特に希少価値があります。
淡水真珠(タンスイ)
中国の湖や川で養殖されるヒレイケチョウ貝を主に母貝とする真珠です。真珠核をいれず、細胞だけを母貝に挿入するため、様々な形のものが生産されます。日本では主に、琵琶湖や、霞ケ浦で養殖され、近年では有核の大玉パールも養殖生産されています。
マベ真珠
マベ貝と呼ばれる母貝に半形状の核を、貝殻内面に接着させ養殖します。形もドーム型のものからティアドロップ型・ハート形のものまで多岐にわたります。日本では奄美大島付近の漁場で養殖され白色系・ブルー系・紫系などの色があります。
コンク真珠
カリブ海やメキシコ湾一帯に生息するピンク貝という貝からとれる天然真珠です。巻貝のため養殖ができず、大変希少価値があります。表面の炎が燃えているような独特の火炎模様が美しく浮き出ているものは特に希少で、高値で取引されます。